大切なお子さんの歯をむし歯にしないために

以前に比べて「予防」についての意識が広まってきた昨今、お子さんの「予防」への関心も高まっています。かつて、むし歯ができてから歯医者さんに行くという時代に育ってきた親御さんの多くはむし歯治療の経験があり、自分の子どもの歯の健康は保ってあげたい……という想いが強いようです。

子どもの乳歯は大人の永久歯よりやわらかいため、むし歯になりやすく、進行も早いのが特徴。大人以上に予防を意識することが大切です。当院では歯質を強くするフッ素塗布や、むし歯ができやすい奥歯の溝をあらかじめ埋めてしまうシーラントなどを行っています。お子さんの大切な歯を守ってあげるために、予防のために医院にお子さんを連れてきてあげてください。

当院の小児歯科診療

フッ素等塗布

歯をむし歯になりにくくする薬を歯の表面に塗布する処置。フッ素は、歯質を強化して、むし歯への抵抗力を高めるとともにむし歯を抑制する効果を持っています。また、ごく初期のむし歯であれば、フッ素塗布によって治癒が見込めるケースもあります。年に3~4回のペースで受けることをオススメします。

シーラント

奥歯には複雑な溝があり、ブラッシングでも汚れが落としにくいため、むし歯になりやすくなっています。そこでその溝をレジン(歯科用樹脂)であらかじめ埋め、むし歯を予防する処置がシーラントです。お子さんに奥歯が生えたら、シーラントを受けさせてあげましょう。

「仕上げみがき」をきっちりと!

お子さんのむし歯予防にとても重要となるのが、親御さんによる仕上げみがきです。次のポイントをおさえ、毎日きっちりとしてあげてください。

Point 1 Point 2
子どもを膝に寝かせ、頭の後ろから口の中をのぞき見る体制で行うのがベストです。
寝るのを嫌がる場合は起こしたままでもいいですが、頭が動いて歯ぐきを傷つけないよう、しっかり支えてあげましょう。
空いているほうの指で頬や唇をどけ、歯ブラシが歯に当っている様子がしっかり見える状態にしましょう。
歯ぐきや頬に歯ブラシが当たると痛く、嫌がるようになってしまいます。

また、お子さんには手鏡を持たせ、仕上げみがきをしているところを見せてあげると、お子さんが安心することもあります。できれば永久歯に生え替わるころ(小学5、6年生になるまで)まで、続けてあげてください。

お子さんの治療・予防についてのご相談・ご予約はコチラ