歯が痛くなってしまったら~むし歯について~

ブラッシングをしているとき、また何かものを食べているときなどに歯が「ズキッ」としたら、それはむし歯かもしれません。

むし歯の段階と主な治療法

C0 C1 C2 C3 C4
C0 C1 C2 C3 C4
症状
表面のエナメル質がわずかに溶けた状態。まだ痛みなどはなく、自分で見つけることはできません。 エナメル質に小さな穴があいた状態。白濁したり茶褐色になったりする部分が現れます。 内側の象牙質にむし歯が進行した状態。表面に穴があき、黒ずみが見られます。冷たいものがしみます。 さらに内側の神経までむし歯が進行した状態。大きな穴があいて膿が出て、激しい痛みがあります。 神経が死に、歯冠部分がほとんどなくなった状態。膿が出て口臭が増し、歯だけでなく耳や目の近くまで痛みます。
治療法
ブラッシング指導によって正しいブラッシングを行うとともに、フッ素塗付で歯の再石灰化を促し、改善させます。 むし歯の部分を削り、詰めものをします。 むし歯の部分を削り、削った部分の大きさに合わせて、詰めもの・被せものをします。 神経を取り除いて薬剤を詰める根管治療を行い、土台を立てて被せものをします。 被せものができないほど進行している場合には、抜歯をして入れ歯などで噛む機能を回復させます。

【根管治療について】

むし歯が重度にまで進行すると、むし歯菌は歯の内部の神経まで冒してしまいます。従来であれば、そこまで悪化したむし歯は抜歯しなくてはなりませんでしたが、近年ではそんなむし歯でも残せるよう「根管(こんかん)治療」を行います。

根管治療とは、歯の中を通る神経や血管が入った細い管である「根管」から、死んでしまった神経や血管を取り除いて消毒し、すき間なく薬剤を詰める治療のこと。根管は大変細かく複雑な構造になっているため難しい治療になりますが、歯を残すためには欠かせない治療になります。

歯は1本でも失うと、歯並びや咬み合わせを乱すなどしてお口全体のバランスを崩してしまいます。お口を健康に維持するために、根管治療はとても重要な治療なのです。

むし歯を放置するリスク

むし歯は、一度かかったら自然に治癒することは決してなく、放置すれば悪化の一途をたどります。はじめは小さかった歯にあいた穴もどんどん大きくなり、さらに進行すると神経にまで到達。ズキズキした強い痛みが現れ、頭痛なども招きます。

それでも放置しておくと、むし歯が歯の根の先に到達してむし歯菌が繁殖し、歯根のまわりや顎の骨を溶かしはじめてしまいます。ここまで悪化すると、何もしなくて激しい痛みに襲われて歯肉や顔面が腫れ、歯はついにダメに……。そして、まわりの歯にもむし歯を広げていくのです。

むし歯に自然治癒はありません。

むし歯治療は、初期であればあるほど簡単に済みます。逆に遅ければ遅いほど難しくなって時間もかかり、痛みや費用といった負担も増してしまうのです。むし歯を放置することは、「百害あって一利なし」といえます。できるだけ初期に進行を食い止めるために、お早めにご来院ください。

むし歯にならないために

歯に痛みがある場合にはすぐにご予約を入れ、ご来院ください。また、早期の治療よりも大切なことに「予防」があります。むし歯とは、一度治療をはじめると再発するリスクを背負うものであるため、できればはじめから「かからない」ようにすることが大切なのです。

当院では発症、また治療後の再発を予防するための口腔ケアにも力を入れています。大切な歯を失ってしまわないよう、歯科医院での専門的な口腔ケアを定期的に受ける習慣をつけましょう。

当院の予防歯科についてはコチラ